スポーツ外傷とは

スポーツ外傷とはスポーツ中に強い衝撃をうけることによって急に生じるケガのことを言います。

骨折、肉離れ、捻挫、脱臼、打撲、突き指などが主にあげられます。いずれにしろ早期の処置が大変重要になります。当院ではこのような処置法やケガの回復のリハビリ、テーピング方法など、スポーツをする方のための具体的なアドバイスなども行っております。

 

長年スポーツに慣れ親しんできた院長だからこそ、スポーツをしている人にはケガで悩んでほしくないと考えています。

 

ぜひ一度ご相談ください。


ページのトップへ