日常生活のアドバイスをします。活整骨院で痛みの出にくい体に改善しましょう。

関節が本来動くはずの可動範囲(可動域)がなんらかの原因で、日常的に動きが疎外されると、筋肉の緊張等が起こり腰の痛みや神経痛、しびれ、知覚障害、血行不良など様々な症状を引き起こしてしまいます。 


これを放置してしまうと腰以外にもさまざまな部位に痛みや支障を及ぼす可能性があります。

可動域回復訓練とは

事故や病気または加齢などさまざまな原因で、動きの幅が狭くなった関節などの動きを回復させることにより関節機能の正常化、筋の短縮の防止、血流を改善させ、日常生活の動作の改善を図るのが目的です。

 

患者さんの肩、上肢や下肢を動かすことにより、関節の動きを改善させていきます。

 

その結果、体が持つ治癒力が高まり炎症等も改善しやすくなり痛みも消えていくのです。


ページのトップへ