急性症状とは

整骨院でいう急性症状とは、負傷原因が明確な『転んだときに足を捻って、足首を痛めた。』『中腰で重い荷物を持ち上げたら、腰が痛くなった。』というようなケガのことです。骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・肉離れ等があてはまります。

 

上記のような症状を自分で対処しようとしても、ただ揉んだりマッサージするだけでは根本的には解決しません。

また、過度のマッサージや安易な温める行為(お風呂、こたつ、ホッカイロなど)は悪化させる要因となってしまします。

 

当院は整形外科と連携して治療を行っております。患者様に最適な治療を提案できるよう、様々なご希望にも柔軟に対応いたします。

 


ぎっくり腰について

ぎっくり腰は腰の関節の捻挫か肉離れになります。

 

ぎっくり腰になるにはさまざまな原因があります。急激な動きの変化はもちろんのこと、日々の生活の中で疲労や負担がたまってくると腰の周辺の筋肉が耐え切れなくなり、くしゃみ等のちょっとした動作でも簡単に痛めてしまいます。

 

ぎっくり腰になるとその姿勢のまま動けずに「どうしたらいいのだろう」と不安になると思いますが、適切な処置を行えば早期に治るものです。今現在の痛みをとる施術を行うとともに、今後痛くならないための矯正を行います。

 

毎日の反復性の動きによって痛みがある場合や痛みの原因がわからない場合でも、お気軽にご相談ください。 問診や検査をして判断いたします。


寝ちがえについて

寝ちがえは首の捻挫か筋肉の肉離れ、筋違えになります。ぎっくり腰になる時もそうですが、寝違えも首の周辺に継続的に負担がたまってくることによって炎症を引き起こした状態といわれています。

 

首の痛みで気をつけないといけないことは、自分で何とかしようとして痛む部分を揉んだりマッサージしたり過剰に刺激を加えてかえって悪化させてしまうことです。またこのくらいはと我慢して放置してしまうと、頭痛や骨盤のゆがみ、ストレスによる不安など他の部分にも影響を起こしてしまいます。

 

首の痛みは背骨や骨盤など体全体を考慮にいれなくてはいけません。頻繁に寝違えを繰り返すようならぜひ一度、痛みの専門である当院にご相談下さい。


ページのトップへ